最近ますます暖かくなり、沢山の花々が咲いてきましたね。


我が家では家庭菜園をしています。はじめの頃はプランターでミニトマトを栽培していたのですが、今では畑を作り、ミニトマトの他にキュウリやナス、枝豆、さつま芋、ブロッコリーにも挑戦しています。

 

枝や葉がぐんぐん大きくなり、花が咲いて実がなる姿を見て、植物の成長を感じて幸せになります。もっと若い頃はそんなこと思いもしなかったのに。年を重ねるとはこういう事なんですね。


そういえばまだ小さかった息子と一緒に初めてのミニトマトの収穫をしたっけなと懐かしい気持ちを思い出しました。
「美味しい美味しい」とニコニコしながら食べていた息子は、ミニトマトが大好きになりました。家庭菜園の威力はは素晴らしいですね。

 

また子供達と一緒に収穫して食べるのが楽しみです。

ゆっきー


来年の2月7日から10日にかけて行われる「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア」の現地活動に参加する高校生の募集が始まりました。

有り難くも年々参加を希望される高校生の人数が増え続けており、現在では50名近くにまでなりました。

 

栃木県からも毎年高校生の参加があり、今年はどのような高校生との出会いが待っているのか楽しみです(*^^*)

毎回感じることですが、研修を開始したばかりの頃は、緊張のためか大きな声が出せない子でも、徐々に大きな声で元気に挨拶が出来るようになり、また現地活動が終わり3月に行われる報告会でも堂々と発表する姿に、人としての成長を目の当たりにしては感動をしています。

 

高校生の皆さん 是非この素晴らしい活動に参加しませんか?

お待ちしております(^_-)-

         

KURO

2018年のボランティアTシャツの販売が始まりました!!

皆さん、お待たせしました。

今年のデザインはとてもユニークで、並んだ右と左の絵で間違い探しが出来るようになっています。背中には大きなロゴがプリントされており、とても可愛いです。

 

因みに、ボランティアの現地活動に参加者する全員がこのTシャツを着て活動を行っています。

不安の中で、生まれて初めて歯科治療を受けるスラムの方々が少しでもこのTシャツを見て笑顔になってもらえるようにと、フィリピンボランティアでの現地総括責任者である今西先生のバンド仲間のキョウヤさんが毎年デザインをしてくださっています。


とても着心地が良いのでちょっとお出かけする時におすすめです♪

 

そして、売上金の全てはこのボランティアに寄付されます。
是非、ご協力お願い致します。

 


もえの

皆さんもご存じの通り私達が行っているボランティア活動は、タオル、歯ブラシ、石鹸などの他、靴も集めています。

 

靴を集め始めたいきさつは、鹿沼の瀬谷新聞店さんがフィリピンに靴を贈るボランティア活動を行っていると、「しもつけの心」で知ったからです。それがきっかけで、当院でも靴を集め始め瀬谷新聞店さんに贈っています。先日も47足の靴を贈りました。

 

私がフィリピンボランティアに参加した時、靴を履いていないために足に怪我をしている子供達を大勢みました。「その傷からばい菌が入り全身に回ってしまったら・・・」と思い、何ともいえない気持ちになりました。

 

当院でのボランティアは無償の歯科治療、物資の配布などですが、ボランティアの形は様々で、気持ちは皆一緒だと感じました。歯ブラシ、タオル、石鹸、靴などご協力をよろしくお願いします。

よーこ

 先日、当院に通院されている「嶋均三」さんより、

ボランティアに役立ててくださいと、ご本人の著書『ごんずい』を頂きました。

 

 嶋均三さんといえば、栃木のスター!ラジオ番組や県民ショーなどに出演されたり

多くの講演会などで、ご存知の方も多いと思います。

数年前からとあるご縁で当院に通院されるようになり、今までもたくさんのボランティアに

ご協力してくださっています。

 

今回も売上金を募金にしてくださいと、沢山本を持ってきてくださり、

一緒にお写真も撮らせていただきました。

待合室の販売コーナーにありますので、ご購読くださるとボランティアに

繋がりますので、来院の際は販売コーナーにお立ち寄りください。

 

私達のボランティア活動は皆様からの募金で支えられています。頂いた募金は

薬品や器材の購入、高校生の渡航費、物資の輸送費に使われています。

皆様からのご協力、よろしくお願いいたします。

 

かおりん

先日、宇都宮市でボランティアに関する講演をさせて頂きました。

2月は大田原市、3月は下野市でも講演させて頂きましたが、

引き続き今回もたくさんの方が集まって下さり、物資もたくさん寄付して頂きました!

たくさんの方々になかなか活動について知って頂く機会も少ないので、とてもうれしく思います。

また少しずつ、ボランティアの輪が広がっていくことを願って・・・

 

 

さき

 

寒さが苦手な私にとって春の訪れは喜びでしかありません。幸い花粉症にはなっていませんので。

春、大地の生命力が覚醒するかのような野山の芽吹き、木々や足元の草花も芽をだし新緑が繁茂して、野山は山菜の恵みに溢れてきますね。

 

シニアにはたまらない苦みを楽しむ山菜は、人が手を加える野菜と違い何もしなくても自然に芽をだし育っていく生命力がとても強い食物、その力を頂く事で体を護り、来るべき夏に向けて苦み、えぐみのあるものをいただく事で、夏バテしにくいからだ作りにつながるんですね。理にかなっているのですね。

苦みやえぐみ、中には毒のある山菜を食べるために下ごしらえの知恵に感謝。

我が家の軒先にも春が来ました。毎年冬越しが無事にできるか、寒さの管理水の管理に気を遣い植木鉢から芽を出すまで安心できないのですが、今年もみんな元気に芽吹いてくれました。その健気な感じが愛おしさに繋がっています。

 

今は小さな蕾をつけたモッコウバラの開花を今日か明日かと楽しみにしているところです。

イキョクチョー

息子が4月から晴れて高校生になりました

ついこの間中学校に入学したと思ったら、あっという間に高校生。

3年間というのは早いものですね。

 

息子がやっと高校受験モードになったのは、昨年の11月頃。スマホやDSに夢中でなかなかスイッチが入らない息子に、毎日毎日「今やるべき事は何」と口うるさく言っていました。

本気で受験勉強にやる気を出したのは、私立の高校受験が押し迫ってきてからでした。こんなんで大丈夫なのかと、親の私としては不安の毎日でした。

 

4月6日に入学式を終え、今は夢と希望に満ち溢れて元気に登校しています。将来を担う高校生として、ハロアルボランティアに参加できるのを心待ちにしています!

kumiko

先日、当院で衛生士として9年勤務していた澤本さんが出産報告のため赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました!!

 

澤本さんは、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア第1回目から団長と共に活動してきました。

その後2013年にご結婚を機に退職されましたが帰省の際には顔をだしに来てくれていました。

今年2月4日元気な男の子を出産しお母さんな姿を見ることが出来、スタッフ一同とても嬉しく思いました!

 

16年後、澤本さんのお子さんと団長がフィリピンの地で活動出来ることを願いたいと思います・・・(笑)

 

 

りーちゃん

 

 

3月24日、毎年長野県で開催されているボランティア報告会に参加してきました。

46名の高校生が、それぞれの思いや夢を壇上で堂々と語っていました。

歯科医師を目指して勉強中の子、また必ず参加しますと決めている子、両親へ感謝の気持ちを伝える子。

 

満員の会場からは、大きな拍手が贈られました。

 

高校生の渡航費の半分は、皆様から頂いた募金から賄われています。

人生観が変わるほどの経験を若者に!

 

今後もご協力をお願いいたします。

ちーちゃん

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM