今年もいよいよクリスマスを迎えるところまでやってきました。

冬のイベントの中でも大事な一つ、平日とはいえ盛り上がるといいですよね。日本中が消費をしてお金が回ってみんなが元気になる。楽しいイベントは多い方がいいですよね。

 

そして今年も一週間を残すのみ。みなさんはどんな一年でしたでしょうか。この数年、毎年のように日本のどこかで発生している大規模な自然災害。今年の台風19号による水害は他人ごとではないとの思いを多くの方が持たれたのではないでしょうか。これまでなら遠くで発生した災害をTVの画面を通してみて、“大変だな” と思いこそすれども、他人ごとで終わりにしてしまうでしょう。けれども、いつどこででも被災する可能性がある事、今までの経験値は役に立たなくなってしまうくらい気候が変わってきていることを思い知るには十分すぎるインパクトでした。

 

避難所で入れ歯のお手入れがままならず、かなり汚れた状態のまま使用している映像を目にしました。これもショックでした。誤嚥性肺炎に繋がる恐れがあります。被災されたみなさんが一日も早く生活再建ができるよう心から願っております。

 

サンタクロースにお願いできるのなら、痛くならない、汚れのつかない素敵な入れ歯を下さい。

 

来年がみなさんにとって良い年になりますように。

 

 

イキョクチョー

 来年のフィリピン医療ボランティアに向けて、着々と準備が進んでいる今日。

毎日のように患者さんや県内外の方からたくさんの支援物資が届いています。

 誠に有難いことです。

また、ご協力頂けるお店や施設などに募金箱を置かせていただいており、毎年この時期に回収させてもらっています。

 

 その中で、今日は地元のお年寄りが集まる施設にお邪魔させてもらいました。

こちらの施設では、お年寄りに向けて手を使うことを積極的に行うようにと、切り絵や手芸など

教えてくれる方をお招きして作業をしているそうです。

紙芝居を見たときにはそのお礼として、

当院のボランティアの募金箱に5円を入れて下さっているとのことでした。

おかげさまで今年もたくさんの募金のご協力頂きました!! ありがとうございました。

 

kumiko

 

 

12月8日(日)東京にて2020年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア

事前会議が行われました。

 

この事前会議は、来年行われる活動に参加する医療従事者・一般参加者を中心に

初めての顔合わせを行うと共に、ボランティアを行う上で自分たちや

高校生が安全にに活動を行うための注意事項などを話し合います。

 

今年は、医療従事者・一般参加が74名となり高校生は72名の参加が決まっております。

年々大規模なボランティア活動になり私達も毎年どんな人達に会えるのか・どんな活動になるのか

楽しみにしています。

 

東京の地で心を一つにする事ができ、来年2月に成田で再会するのを楽しみにしています。

 

いよいよ、現地活動まで2ヶ月を切りました。

現地活動までインフルエンザなどにかからぬよう頑張っていきたいと思います!!

 

 

 

 

りーちゃん

12月3日、本日は病院を閉めてスタッフ全員で勉強会を行いました。

症例の報告や診療報酬に関する保険制度についてなどが発表されました。

この勉強会は毎年恒例となっており、スタッフのスキルアップや情報の共有はもちろんのこと

個人の文章力や人前で発表する力も鍛えられます。

今回も実り多い勉強会になりました。

これを日々の診療に生かし、さらに質の高い診療を提供できるように頑張ります。

 

ちーちゃん

 

先日、遠いところにお住まいの方々からフィリピンボランティアのためにと物資をたくさん持ってきて下さいました。

それ以外でも、物資はどこに送ればよいのか、どんなものを集めているのかなどの問い合わせの電話がたくさん頂きます。

それに、当院の患者も「使わなくなったものだから」「少しでも役に立つなら」と言って物資をたくさん持ってきて下さいます。

 

色々な方にこのボランティアについて知って頂けるのはとても嬉しいことです。

私も黒磯南高校に在学中、校内に物資を集めている箱があり、使わなくなった文房具や石鹸などを少しでも役に立てるならと思い持ってきていました。少しでも役に立てるように物資を持ってきたいと思います。

 

皆さんのご協力でたくさんの物資が集まっています。

これからもご協力よろしくお願いします。

nami

本日はスタッフ総出でカルテの整理を行いました。

 

当院のカルテは大量にあり、長く診療をしている病院ならではの大変さを感じます。

一度出し、整理してまた戻す・・・。

汗もかくし、意外に重労働です。

このカルテの山を見て、それだけ沢山の患者さんが来院してくださったんだと改めて驚きました。

 

なるべくなら歯医者には行きたくないですよね。

でも、定期健診は大切です。

歯のクリーニングを行うことは、一生歯を守ることにつながります。

 

多くの方にご自身の歯を大切にして欲しいと想います。

ゆっきー

 

今回は、段ボール20箱分の物資を送ります。
そのうちの10箱は、フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシ、石鹸などの物資、後の10箱は、文房具類を送ります。
日本では、当たり前の様に使える鉛筆、消しゴム、ノートなどは、フィリピンの貧しい地域の方たちは買うことができず、とても喜ばれます。皆さんのおかげで山ほどの物資が集まり、送ることが出来ます。
またランドセルも集めてます。お子さんが6年間お世話になった大切な物でもありますが、必要としている子供達に送っても大丈夫と言う方はご協力よろしくお願いします。
そして、全ての物資は、もらって気持ちよく使えて、綺麗なものを集めています。
よろしくお願いします。
まゆみ

今回、初めてブログを書きます。


私には小学3年生と3才の息子がいます。 歯科医院の仕事に携わっているので、やはり子供達に虫歯になって欲しくないと強く思っています。
特に長男に関しては小さいころを思い返すと、初めての子供という事で少し神経質になっていたと思います。

3才位から、食事の後にはすぐに「歯科医院推奨」と書いてあるガムを食べさせていました。そのおかげ?かは分かりませんが、長男は甘い物もあまり好まず、無駄な間食もしません。

 

逆に下の子は、甘い物も間食も自由にさせてしまっていたので、2才過ぎあたりからキシリトールのタブレットや長男と同じガムを食べさせているのですが、4才を前にして「このままで大丈夫だろうか」と不安があります。

 

歯科医院で働く者として、そして一人の親として、長男も次男もずっと綺麗な歯で成長していけるように、親の努力が必要だと強く思う今日この頃です。

乳歯でもしっかり磨き、口の中の綺麗な状態を「気持ちいい」と感じさせる事が重要だと思います。

ユミ

今月からボランティア活動に参加する高校生達が事前研修を行っています。
診療室に入ってきた際に大きな声で挨拶をしてから研修が始まりますが、緊張しているせいか思う様に声が出せない高校生もいます。


それでも研修が進むにつれてどの高校生も大きな声で挨拶が出来る様になるのを見ていると頼もしく思います。
今年は栃木から4人の高校生が参加します。前回に引き続き2度目の参加の高校生は、「やり残した事がある」と思いを伝えてくれました。


今回参加の高校生達は、現地活動ですべてを出し切って、清々しい気持ちで活動が終われるように、まずは研修でしっかりとバックアップしていきたいと思います。

KURO

秋晴れが気持ちいい季節になりましたね。
今年も残すところあと3ヶ月弱。あっという間に1年は過ぎていくものです。
そしてついに消費税が10%に増税されました。たかが2%されど2%です。
私はあまり気にしていませんでしたが、実際お買い物するとその2%が高く感じてしまいました。
色んなところで値上げされており、消費にストップがかかるところですが、皆さん、病院等にはしっかり行きましょう。もちろん歯医者もです。健康はお金に変えられません。今の時代、ネットで何でも調べる事が出来ますが誤った情報もありますので、実際に病院にかかることが大事です。
私も痛みを1ヶ月我慢していたら実は骨が折れていたなんて事がありました、、
健康第一で、これからの季節は手洗いうがいしっかりして寒い季節を乗り越えましょう!
chisato


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM