東京では桜の開花宣言があり、いよいよ春のはじまりですね。

 

気温が緩み気持ちも緩んできそうなところですが、新型コロナウイルス感染症はどこまで私たちの生活に影響を及ぼすのでしょうか。トイレットペーパーが店頭から消えたり、マスクがどこにも売ってなかったりと、思いもよらなかったとこが起きています。“パンデミック”、“市中感染”、自分の身近にやってこようとは。

 

様々な所での制限、自粛の要請はいつまで続くのか見通しも立たない状況に、不安と緊張感に苛まれます。

 

今月末に予定されている「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア活動報告会」は、開催に向けて準備を進めている所です。

 

この活動で支援しているマニラ近郊のスラムには極貧層と呼ばれる人々が大勢暮らしています。一日の食事もままならない彼らに、歯ブラシはとても高価な物です。歯ブラシよりもご飯を優先するのは彼らにとってはしょうがない事。だから虫歯になってしまうし、虫歯になっても歯医者さんで治療を受けることもできません。

 

どうか皆さん支援物資のご協力をお願い致します。

ハブラシ・タオル・固形石鹸はとても役に立ちますので一つからでも寄付して頂けますようお願い致します。

 

我が家の軒下で冬を越したレンギョウが早々と花を咲かせました。これから次々に新芽が芽吹き新緑の季節に向かいますが、早く終息宣言を聞き安心して毎日を送れるといいですね。

 

 

 

イキョクチョー

今年もいよいよ、フィリピン医療ボランティア活動報告の壁新聞作りが始まりました。
毎年、スタッフがそれぞれの分野を担当し、
試行錯誤しながら作り上げている、当院自慢の力作壁新聞です。
今年の仕上がりはどうでしょうか!?
皆さんがご覧になった時、皆さんもフィリピンに行って見たようなお気持ちになる、
そんな壁新聞を精魂込めて作りたいと思います。

kumiko

おかげさまで、今年のフィリピン医療ボランティア現地活動も無事に終わり

栃木から参加した院長と北島、人見、そして4人の高校生が元気に帰って参りました。

治療に来院された患者さんからは、「お疲れさま」「無事で何より」「壁新聞が楽しみ」と

嬉しいお言葉を頂いています。

 

待合室の壁新聞は完成までもう少しお待ちいただきますが、診療室の写真は昨年のものをすべて外し

2020年、今回の現地活動を撮影した写真に貼り替えてあります。

 

ハロアルのメンバーが現地でどんなことをしているのか、皆様に頂いた歯ブラシやタオルの行方は、

日本では見たこともない光景を目にした高校生は何を思うのか。

ぜひ写真をご覧になって想像していただけたら幸いです。

 

ちーちゃん

 

私事ですが先日、成人を迎えることができました。

成人式にも参加し、久しぶりに中学校時代の友人にも会うことができて良かったです。

 

20歳になったということは、一つ一つの行動に責任を持ち、過ごしていかなければならないと思っています。

仕事もこれまで以上に頑張りたいと思います。

 

 

また、前回のブログでもお伝えしましたが、今年のフィリピンボランティアも無事に終わりました。私も1度は参加してみたいと思っていたので、来年のフィリピンボランティアには参加して、現地で積極的に活動できるようにしたいと思います。

 

nami

2月7日から10日までの4日間、フィリピン現地での活動が無事に終わり、全員帰国することができました。

帰ってきた高校生たちから「楽しかった〜!」という声を聴くことができ、安心しました。

 

ご協力頂いている患者さんたちにも現地活動が終わったことを報告できることがうれしいです。

 

私たちはこの活動を毎年壁新聞にしています。

現地でのことを皆様にお伝えするべく、写真の選択や、構成を考えたりとスタッフ一丸となり、作っていきます。

3月に長野県で行われる報告会が終わったら当院の待合室に飾られます。

皆様、ご期待ください!

ゆっきー

皆さんこんにちは!!

お元気ですか?

風邪など引いていませんか?

 

いよいよ2月7日の飛行機で現地活動に出発します。

今回の参加人数は約140名となります。

いま流行の肺炎や火山の噴火など騒がれていますが、万全を期して望みたいと思います。

ハロアルのメンバーが無事に活動を終え、元気に帰ってこられるようにみなさんの応援よろしくお願いします。

まゆみ

 

 


先日 フィリピンボランティアに参加する高校生と保護者の方達に出発前の説明会を行いました。


前泊から帰国後について、荷物のチェック、その他注意事項や保護者の方からの質問等 不安の無いように話をさせて頂きました。

少し前にフィリピンで火山の噴火があり、保護者の方も不安を抱えていらっしゃいました。しかしその反面参加する高校生達は、そのようなことを微塵も感じさせないくらい楽しそうに研修を行っていました。


その後 出発当日 各自で持っていってもらう10kg物資の梱包と 現地での歯磨き指導のためのハロアル磨き練習を行いました。事前研修も無事終わり、後は体調を崩すことなく現地に出発して欲しいと思います。

KURO
 

去年の6月からせきぐち歯科で働くようになり、年も明け、早くも半年が過ぎました。

 

フィリピンでのボランティア活動なども初めて知り、そこへ向けて、当院のスタッフの仕事や、高校生ボランティアの研修や指導、沢山の先生方の協力で、全てが成り立っていることなど、今も毎日「知らなかったこと」を勉強している最中の私です。

 

私は実際に、フィリピンに行ってボランティア活動に参加することはできませんが、留守番隊の一員として、沢山の先生方や当院から参加するスタッフ、そして、高校生という、日本の未来を担っている若い子たちの夢を、遠く日本から応援し無事に帰ってくることを祈りたいと思っています。

 

 

ユミ

今年度のフィリピンボランティアの現地活動まで、一か月をきりました。

毎年恒例になりますが、診療室に手作りのカウントダウンのカレンダーが登場しました。

 

以前にもお話ししていますが、このカレンダーは当院の受付にいた君島さんが生前に手書きしてくれた物をずっと引き継いで使っています。彼女は院内の掲示物の作成を全般に行っていて、とても見やすいと好評でした。

そんな彼女が現地で活動するメンバーを応援するために作ってくれたカレンダーです。きっと今年も天国から活動が無事に行われるよう見守ってくれていることでしょう。参加する高校生達も、研修に来るたび笑顔が増え、大きな声が出るようになりました。

 

現地活動に参加する当院の北島、人見も出発に向けて更に準備に追われ忙しそうです。現地活動に参加できない分、応援することと無事に帰ってくることを祈る事しかできませんが…。

 

活動中、留守を預かる私達も気を引き締めて頑張りたいと思います。

 

 

かおりん

新年あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。今年も精一杯、全力でスタッフ一丸となって頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

昨日から仕事初めの方も多いのではないのでしょうか?せきぐち歯科医院も年末年始お休みを頂いておりましたが、昨日からまた元気に診療しております!

 

連休中は鷲子山上神社へ初詣に行ってまいりました。

ねずみ年の今年は大黒様にお参りすると良いと聞き、大黒様の祀ってある鷲子山上神社へ。

ねずみは大黒様の使者だそう。

 

鷲子山上神社は「不苦労」ということでフクロウも多く祀ってある神社です。

私も苦労せず、楽しく過ごせる一年になりますように!

 

 

さき

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM