先日Aさんの奥様からたくさんの手作りマスクを頂いたことをアップしましたが

別の患者さんからも、心のこもった手作りのマスクをいただきました。

丁寧に作られたマスクを見て、これを私たちのところに持ってきて下さった優しさを

とてもありがたく感じました。

 

今回頂いたこのマスクはみなさんに販売させて頂き、その費用をハロアルに寄付するという

チャリティー形式になっています。

 

可愛いものやエレガントなもの、小さいお子さんとママでペアで使えるお揃いのものもあります。

ぜひ手に取ってご覧になってくださいね。

 

ちーちゃん

 

 

 

 

コロナウイルスの感染者が減少し、全国で緊急事態宣言が解除されました。

しかし、解除されたからと言って気を抜いてはいけないので、気を引き締めて生活していかなければならないですね。

 

最近では雨の日が多く、寒い日が続いています。まもなく、梅雨入りしそうですね。

寒暖差が激しいので、体調など崩されないように気をつけましょう。

 

また、季節の変わり目は気圧の変動が激しいので、体調を崩しやすかったり、歯が痛くなったりしやすい時期になります。

痛くなったら、我慢せずお電話してください。

 

 

nami

当院に通院されている患者さんの中には、趣味でいろいろな物を手作りされ、フィリピンボランティアに売り上げを寄付してくださっている方がたくさんいらっしゃいます。
最近も患者さんから沢山の手作り作品を頂きました。
売り上げはフィリピンの貧しい子供達の為に全て寄付されます。
レース(色々使えるレース編み)、マスク、アクリル毛糸のたわし等があります。
私はマスクがとても気に入っています。
日常で役に立つ物が沢山あるので是非ご覧ください。
皆さん、是非当院の待合室で実物をお手に取って見てください。そして、フィリピンボランティアのご協力、よろしくお願いします。
まゆみ

先日、当院の患者さんの奥様の手作りマスクを頂きました。

院長の分はシンプルな布で、スタッフの分は可愛らしい柄の布で20枚も作られていました。

 

わたしは自分の家族のマスクさえなかなか作る気にならないのに、本当に頭が上がりません。

しかも縫い目もきれい。

わたしも見習って頂いたマスクをお手本に作ろうと思います。

 

スタッフ一同心より感謝しています。

温かいお心遣いありがとうございました!

ゆっきー


毎年 ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの現地活動に参加した高校生達に壁新聞を作成してもらっています。


活動後に長野県御代田町で行われる報告会で展示するのですが、今年は皆さんご存知の通り新型コロナウイルスの影響により報告会が中止になってしまいました。直前まで開催をするかどうか事務局で相談し、苦渋の決断をせまられました。


それでも予定通り高校生達には壁新聞を作成してもらいましたので 今年は当院待合室に展示しております。
高校生が感じた事、それぞれが選んだ思いのある写真などで作られていますので 来院の際は是非ご覧ください!

KURO

今年の春は、桜を感じる間も無く、日本全体が、新型コロナウィルスの猛威に飲み込まれてしまいました。  お花見は出来なくとも、桜を観て心がホッコリする事さえも、忘れてしまうかのような春で、とても寂しいです。


先日テレビで、ウィルス学の博士が、全国民が「危機感」を持たなくてはならない、と仰っていました。 そして更に、危機感を持つだけでなく「外出自粛」などを全国民が「実行」しなければ、この難局に打ち克つ事は容易い事ではない、とも…。    この言葉を聞いた時、一体この状態はいつまで続くのだろう、と不安になりました。    しかし、新型コロナウィルスの猛威からの脱却には「希望」もある、と付け加えていました。その希望を与えられるのは、私達研究者だ、と仰っていたのが、とても心に響きました。


今私達に出来る、不要不急の外出自粛。簡単な事です。研究者の方々の努力を無駄にしないよう、一人一人が実行すべき事なんだと思います。


写真は、今我が家に飾ってある桜です。  お花見ができなくても、普段の生活で桜を目にするだけでも、とても心がホッコリします。

ユミ

世界的に猛威をふるっている新型コロナウィルスは、いつまで私達の日常を脅やかすのでしょうか。

学校もやっと新学期が始まったと思ったら、また休校で子供達も不安な日々を送っています。

今、私達に出来る事は、不要な外出を控える事、うがいや手洗いを徹底させる事、咳エチケット等など、毎日テレビで繰り返されてますね。1人1人がそれを意識して、早く収束の方向へ向かって欲しいと誰もが思っています。

 

また、マスクや消毒薬の不足、医療用品の不足も続いています。当院でも先日、患者さん用の紙エプロンを注文したところ、入荷は難しいと連絡がありました。

患者さんにはご不便とご迷惑をおかけしてしまう可能性もあります。院内の感染予防対策もしておりますが、不安な事や気付いた事がありましたら、スタッフにお声を掛けて下さい。

 

私事ですが、先日子供にリクエストされて布マスクを作ってみました。

材料は家にあった物を利用しましたが、まぁまぁの出来栄え?子供は市販の使い捨てマスクより着け心地が良いと気に入ってくれたようです。

外出をさけて、お家時間に手作りマスクオススメです。

かおりん
 

お待たせいたしました!今年も活動報告の壁新聞が完成いたしました!

毎年のことながら力作です!

また、今回は栃木から参加した高校生自身が作成した壁新聞も掲示しておりますので

是非みなさまご覧ください。

 

そして毎年恒例の報告会は新型コロナウイルスの影響を受けまして残念ながら延期となりました。

事態が収束し、安心して高校生の活動報告が聞ける日がいち早く来るよう祈るばかりです・・・

 

 

さき

東京では桜の開花宣言があり、いよいよ春のはじまりですね。

 

気温が緩み気持ちも緩んできそうなところですが、新型コロナウイルス感染症はどこまで私たちの生活に影響を及ぼすのでしょうか。トイレットペーパーが店頭から消えたり、マスクがどこにも売ってなかったりと、思いもよらなかったとこが起きています。“パンデミック”、“市中感染”、自分の身近にやってこようとは。

 

様々な所での制限、自粛の要請はいつまで続くのか見通しも立たない状況に、不安と緊張感に苛まれます。

 

今月末に予定されている「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア活動報告会」は、開催に向けて準備を進めている所です。

 

この活動で支援しているマニラ近郊のスラムには極貧層と呼ばれる人々が大勢暮らしています。一日の食事もままならない彼らに、歯ブラシはとても高価な物です。歯ブラシよりもご飯を優先するのは彼らにとってはしょうがない事。だから虫歯になってしまうし、虫歯になっても歯医者さんで治療を受けることもできません。

 

どうか皆さん支援物資のご協力をお願い致します。

ハブラシ・タオル・固形石鹸はとても役に立ちますので一つからでも寄付して頂けますようお願い致します。

 

我が家の軒下で冬を越したレンギョウが早々と花を咲かせました。これから次々に新芽が芽吹き新緑の季節に向かいますが、早く終息宣言を聞き安心して毎日を送れるといいですね。

 

 

 

イキョクチョー

今年もいよいよ、フィリピン医療ボランティア活動報告の壁新聞作りが始まりました。
毎年、スタッフがそれぞれの分野を担当し、
試行錯誤しながら作り上げている、当院自慢の力作壁新聞です。
今年の仕上がりはどうでしょうか!?
皆さんがご覧になった時、皆さんもフィリピンに行って見たようなお気持ちになる、
そんな壁新聞を精魂込めて作りたいと思います。

kumiko


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM