寒さが苦手な私にとって春の訪れは喜びでしかありません。幸い花粉症にはなっていませんので。

春、大地の生命力が覚醒するかのような野山の芽吹き、木々や足元の草花も芽をだし新緑が繁茂して、野山は山菜の恵みに溢れてきますね。

 

シニアにはたまらない苦みを楽しむ山菜は、人が手を加える野菜と違い何もしなくても自然に芽をだし育っていく生命力がとても強い食物、その力を頂く事で体を護り、来るべき夏に向けて苦み、えぐみのあるものをいただく事で、夏バテしにくいからだ作りにつながるんですね。理にかなっているのですね。

苦みやえぐみ、中には毒のある山菜を食べるために下ごしらえの知恵に感謝。

我が家の軒先にも春が来ました。毎年冬越しが無事にできるか、寒さの管理水の管理に気を遣い植木鉢から芽を出すまで安心できないのですが、今年もみんな元気に芽吹いてくれました。その健気な感じが愛おしさに繋がっています。

 

今は小さな蕾をつけたモッコウバラの開花を今日か明日かと楽しみにしているところです。

イキョクチョー

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM