10月28日、那須野が原ハーモニーホールで行われた、コンサートに行ってきました。

 

混声合唱団、那須カンマーコアの設立10周年コンサート。藝術の秋にふさわしいとても素晴らしいひと時でした。

那須に住んでいる者としては都会とは比べられない程文化的なものに触れる機会が少ないと思わざるを得ません。

美術館・博物館・コンサートホール・舞台等々東京までとなると早々出かけられるわけもなく、興味のある公演が来ても仕事の都合で諦めなくてはならないことも多かった。

それが、オーケストラがこんなに近くに来るのに、行かないなんてもったいない。こんな機会滅多にあることではありません。今回はラッキーでした。

 

パイプオルガンによるプレコンサートがスタートし、その迫力に圧倒されました。

空気の振動、足元から音楽に包まれる感覚、非日常に誘われてゆく効果抜群、一列に並んだ管楽器が高らかに「祝祭ファンファーレ」を演奏し、高揚感を煽られ、オーケストラと混声合唱の織りなす音の深みに感動。

家で控えめに聞くCDでは味わえない、(家で大音量で聴いていたらご近所トラブルになりかねませんから臨場感は味わえませんよね)生演奏の迫力。

ソプラノの超絶技巧も聴くことができましたし、何かで声帯は最高の楽器とたとえていましたが、納得です。感性が震えた束の間の非日常、日常に戻りお仕事頑張るぞ。


イキョクチョー


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM