先日物資の梱包しました。
皆さまから頂いた物資を8箱に仕分けして入れました。
今回は、タオル、石鹸、歯ブラシを沢山送ることが出来ます。
皆様のおかげで、箱に入りきれないほど沢山の物資を頂いております。本当にありがとうございます。箱につめたあと 船便で1ヶ月かけて物資を送っています。
ただ、送るためのお値段が高いため皆様からの募金のご協力をお願いします。
物資は、送られて気持ちよく使える綺麗な物をお願いします。
引き続き、物資の御協力よろしくお願いします。
まゆみ

先日 鹿沼の瀬谷新聞店さんに集まった靴を送りました。今回は24足でしたが、実はあまりにも汚れや傷みの激しい物は申し訳ないのですが省かせて頂いております。


この靴を贈るボランティアは、当院が行っている「ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア」とは別の活動であり、瀬谷新聞店さんから更にさいたま市の「NPO法人 SB Heart Station」へ送っており、そこからフィリピンへ届けられています。
瀬谷さんがこの活動に賛同し靴を集めているという内容の記事を「しもつけの心」で目にしたのがきっかけで当院も瀬谷さんの活動のお手伝いをさせて頂いております。


そこで皆様にお願いしたい事があります。引き続き靴は集めていきますが、綺麗な物を送ってあげたいので、お持ち頂く際には、綺麗に洗ったものでお願い致します。また革靴やブーツなどは、集めておりませんので何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

kuro

 2019年度のハローアルソンフィリピン医療ボランティア現地活動が無事に終わり、長野県御代田町で行われた報告会も大盛況に終え、ホッとしたのもつかの間、2020年度の新たな活動に向けて参加高校生の募集が今月から始まりました!!

 

 私達、ハローアルソンの活動理念に、活動を通じ日本の豊かさを実感してもらい、同時にやさしさや思いやりを思い出してもらうこと、また次世代を担う高校生の参加により真の国際平和と国際貢献について考えてもらうこと、があります。

 参加をした高校生の報告を聞きますとまさしくこの理念通りの答えが返ってきます。

4日間という限られた中での、とても奥深い充実した活動です。

 将来の夢がまだ見つからない・・・、自分には何が向いているのか・・・、誰かの役に立ちたい・・・など、考えている高校生は参加されるよい良い機会かと思います。

 私の高校2年になる息子は、参加する気満々です!!

 

kumiko

今年も壁新聞の制作を始めました。
現地活動の写真や報告書を参考に、そして参加した北島と人見からいろいろな話を聞いて進めています。

「楽しみにしているよ!」という声も患者さんから頂き、スタッフもみんな張り切っています。

現地に行くことが出来なかった私ですが、精一杯楽しんで壁新聞を仕上げて行きたいと思います!
4月には待合室に貼り出される予定ですので、もう少しお待ち下さいね。

ちーちゃん

私は、今年初めてボランティア物資の係になりました。当院には、スタッフそれぞれに係があります。その中の一つ、ボランティア物資の係とは、集まった物資の整理や管理を行います。

毎日のように患者さんから頂いた物資を鉛筆やタオルなど、箱に分けて区別しています。その後に、1箱20Kg程度の重さで大きな段ボールに入れ、数十箱をフィリピンに送るようにしています。

 

この係は人の役に立つ素晴らしい仕事だと思ってやらせて頂いています。

 

皆さんのおかげで沢山の物資が集まってきてます。

これからも御協力お願いします。

まゆみ

花粉症が本格的にやってきましたね!最近は暖かい日もあり、花粉がかなり飛び始めていると思います。
私はというと、昨年の12月から鼻がグズグズ。寒暖差アレルギーもあるのですが、ここ1、2週間でさらに酷くなり鼻水が常時垂れてきて困り果てています。辛うじて目の痒さは大丈夫なのですが、何とかこの季節を頑張って乗り越えたいと思います。。
さて、先週はフィリピンへ送るボランティア物資の梱包を行いました。
歯ブラシ・タオル・服・文房具など沢山の物資を、大きなダンボールに20箱分詰めていきました!
この物資を通して、一人一人のお気持ちがフィリピンの方々へ届くことを願って、、、 
後は無事に届くのを祈るのみです。
改めてたくさんの物資をありがとうございます。引き続き、ご協力よろしくお願い致します。
chisato

昨日と今日、現地活動に参加した高校生が活動で使った紙芝居を持って 帰国後の報告に来てくれました。
二人とも「とても楽しかった!」「いい経験が出来ました!」と笑顔で話してくれました。

高校生係として 彼女達が怪我なく、無事に活動が出来るかと心配で 6日の東京前泊の出発をお見送りに駅まで行きました。
二人とも元気に出発して行ったので安心しました。

帰国後すぐにLINEで連絡をとり無事活動が終わって帰って来たことを確認し、これまた一安心…

あとは、長野で行われる報告会に向けて壁新聞作りが始まります!
あともう少し、頑張れ高校生!!


KURO

 

 いよいよ、今年もこの日がやってまいりました!

2月7日〜10日までの4日間、フィリピン現地での医療奉仕活動を行ってきます。

 

 今年は過去最高の参加人数となります。栃木県からは黒磯南高校の野口さんと北牧さん、厚崎中の関口慶慈君が参加し、院内からは歯科衛生士の北島が8回目、歯科助手の人見3回目の参加をします。

 北島も人見もこの日の為に沢山の準備に追われ、出発間近のここ2、3日は本当に忙しそうでしたが、お留守番隊の私達にはただただ見守るしかできず…。高校生の二人は無事事前研修を終え、大きな声も出せるようになりました。そして、中学生の関口慶慈くん…、御察しの通り、当院の院長の息子さんです。今年中学2年生になり、やっと念願の親子参加となります。院長先生が見て欲しかった世界をどのように感じて帰ってくるのか、私達も感想を楽しみにしています。

 今年も無事、現地の活動が行われる事を祈りながら、お留守番隊の私達は副院長先生を中心に、病院での診療に励みたいと思います。

 

 

かおりん

 

1月13日(日)

フィリピン医療ボランティアに参加する高校生と親御さんへ現地活動へ向けての

準備などについてお話をさせていただきました☆

 

現地でどのような日程になっているか・どんなことに注意しなければならないかなど

細かく明確に話し合いをしました。

親御さんからも現地についてたくさんの質問をいただき、

いよいよ現地活動が近づいて来たんだと実感しました。

 

さて、実感しつつも私・・・現地に行く際の準備が全く出来ておりません(笑)

いつも、間近になってから「忘れ物はないか?」とドキドキしながら栃木を離れます・・・。(笑)

 

ボランティア活動まであと23日となりました☆

今年も、たくさんの素晴らしい現地活動となるよう頑張りたいと思います☆

 

 

りーちゃん

先日 来年ボランティア活動に参加する高校生の特別研修を行いました。


普段は、診療中に患者さんの誘導やお声かけ、治療のアシスタントなどを行っていますが、

この日は、「ハロアル磨き」と現地に手荷物で持っていく物資の荷造りを行いました。


「ハロアル磨き」を覚えてもらう目的は、現地でフィリピンの人達に歯磨き指導を行なうのが高校生だからです。
手作りの紙芝居を作成し現地の言葉で話します。


また手荷物で物資を持っていく理由は、できるだけ沢山物資を届けたいからです。

輸送だとお金もかかってしまうのでどうしても送る数に限りがあります。

その為参加メンバーがそれぞれ自分の荷物とは別に物資を持って行きます。


栃木から参加する北牧さんと野口さんも楽しんで研修をしていました。
この明るさ……若いって素晴らしい
( *ˊᵕˋ)

 

KURO

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM