今月は虫歯予防週間がありましたね。
学校や幼稚園、保育園などでも歯科健診やブラッシング指導などがあったと思います。


先日、今年から小学生になった息子の連絡帳に「あしたはからーてすと」と、ありました。カラーテスト?と思い、息子に聞くと、「ママがお仕事でやってるやつだよあの赤いやつ」との事。時々職場に来る息子は、私達歯科衛生士の仕事を見ていて覚えていたようで「よーっく、ゴシゴシしていかないと真っ赤だね」と、言っていました。

当日の朝、いつも以上に気合いを入れて歯磨きをし、私も仕上げをゴシゴシ…。結果はいかに…?


後日、今度は自宅で親子でカラーテストを使いプラークチェックをしてみました。息子は一生懸命に鏡を覗きこみ、「ここ汚れてるんだー。」等と言いながら上手に歯磨きをしていました。


いつもちゃんと磨いてあげていたつもりでも結構赤く染まってしまいました。


時々、こんなふうにチェックするのも大事だなぁ…と改めて思いました。

当院の受け付け前にもこのカラーテストを販売しています。是非みなさんもお家でお試ししてみてはいかがでしょうか?

かおりん

先日、6歳の息子の乳歯が抜けました。


周りのお友達がどんどん乳歯が抜けていくのを見て、いつになったら歯が抜けるのかな、と少し心配していた息子。そして、実は私も…気になっていました。
思い返せば、歯が生えるのも遅かったし。

 

乳歯は、お母さんのお腹に宿った頃、妊娠4週目くらいから歯の卵(歯胚)が出来はじめ、生後4ヶ月頃から生えてきます。ちなみに私の息子は生後10ヶ月を過ぎた頃に生えてきました。そして、今6歳と10ヶ月…。と、云うことはちょうど6年間の役目を終えて、永久歯にバトンタッチしたようです。

 

歯がグラグラしてきた時、息子はとても嬉しそうで、そして誇らしげでした。保育園の先生にはもちろん、スーパーで会った見ず知らずの方にまで、口を開けて見せていました。「よかったね。お兄さんになるんだね。」と皆さんに優しく声を掛けていただき、私も嬉しく思いました。そして、卒園を前に、乳歯が抜け永久歯がちょっぴり顔を出してくれました。

 

息子もこの春、6年間通った保育園を卒園し、とうとう小学生です。慣れ親しんだ先生とお友達と離れ、また新しい出会いがある事を心待にしています。今年の春はたくさんの「さようなら 」と、「こんにちは」を経験しました。
永久歯が生えて、小学生になって…成長を嬉しく思うのと同時に母としては寂しくもあり…f(^_^;

 

けれどこれから乳歯と永久歯の混合歯列期になるので、しっかりと仕上げ磨きをしてまだまだ親子のコミュニケーションをとろうと思います

かおりん

 6月4日〜10日までの1週間は、歯の衛生週間とされています。

この時期になると思い出すのが、わたしが中学時代に実施された「歯の衛生週間 標語コンクール」です。保健委員会に所属していたので、勝手に使命感を感じ、無い知恵を振り絞り標語を考えました。その結果2年生の時には校内で優秀賞を貰い、3年生では学校推薦により栃木県歯科医師会から優秀賞を頂きました。その時は、まさか自分が歯科に携わる仕事に就くとは思っていなかったので、とても不思議な縁を感じます。


皆さん!!健康は丈夫な歯から作るものです!!

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシも使用して、お口の中の環境をきれいに保ちましょう!!


kuro

1本の価格、1080円のハブラシ。
先日手にした新聞の紙面一頁を占める広告を目にしました。
ハブラシ1本1080円、どうしたらそんなに高くできるものなのか、使い捨てされてしまうしがない消耗品であるハブラシ、プラスチックの柄にナイロンの毛で、高く作る方が難しいと思われますが、コーティング技術の応用で、ミネラルを吹き付けたことで、ハブラシした後、歯に汚れが付きにくく、一日中歯がツルツルしているのだそう、但し、効果は一日3回の使用でひと月、その後はただのハブラシになるとのことでした。
 
 1080円のハブラシは高いのか、平均的なハブラシと比べれば間違いなく高い、しかしながら、高くても売れているし、そこには使いたくなる理由があるからですよね。
 
 そもそも、ハミガキは何の為にするの?
虫歯にならないため。誰あろう自分のために行う行為=自分への投資です。
虫歯や歯周病の原因は、ハミガキ不足に因るところが大きいことは、詳しいメカニズムは分からなくとも、なんとなくでもご存知の事でしょう。どのようなハブラシを使っていても、ハミガキが正しく行えていれば、問題はないことになります。しかしながら、ハミガキが正しく行えていない割合は無視できないくらい多いのです。そこで、ハブラシの仕様が、ハミガキの質を大きく変えてくれるものだとしたらどうでしょう。
 
 私が現在使用しているハブラシは、プロスペックコンパクトスリム。当院の患者さんに勧めているものと同じです。このハブラシにたどり着くまで、いろんなハブラシを手に取り、実際の使用感を確かめながら幾年月。プロスペックコンパクトスリムはやっとたどり着いたハブラシです。柔らかくて、コシのある仕様が今まで使用したどのハブラシでも得ることがなかった使用感をもたらしてくれました。
 
 もし、虫歯や歯周病にならない薬があれば欲しいと思いませんか。痛い思いや、歯を失いたい人はいないはずです。ハブラシは、その予防薬になりうるのです。具合が悪くなったとき、病院で薬を処方されたなら、朝昼晩と主治医の言いつけを守りお薬を飲みますよね。そう考えれば、なるほどハブラシは立派な予防薬です。どのような仕様のハブラシが、虫歯や歯周病予防に効くのかを知る事です。使い方は歯科衛生士さんが教えてくれます。
 
 今年のハローアルソンフィリピンボランティア活動の最終日、スラムの人達は好みの歯ブラシを選ぶ事はおろか、買う事さえもままならない極貧層と呼ばれる生活を送っています。日本では考えられない事だと思いますが、世界に目を向けると、私達はどれほど恵まれているか・・・。ハミガキをしてから休みます。

いきょくちょー
 

先日、茨城県大洗の水族館に行ってきました。海無し県に、住んでいると水族館はとてもテンションが上がります♪

大洗の水族館には、沢山の種類のサメガいて、サメをみるなら、ここの水族館!というくらいらしいですね。

館内を回っていると、サメの顎骨の標本がありました。サメは人間と違って歯が抜けても生えかわるしくみを持っていて、
口の中をみると、次に生えてくる歯の準備がされているそうです。

人間も、歯が何回も生えかわることが出来たらいいですよね。

でも、そういうわけにもいかないですから、歯は大切にしたいものです。

歯を失う原因は虫歯と歯周病です。柔らかく毛束の多い歯ブラシで、しっかり汚れをおとしましょう。歯肉磨きも大切です!


かおりん

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM